五年経ったら


賭博師 さあ、カードを。あなたのエースを出しなさい。 青年 ボクの心臓…。 賭博師 勝ち負けをきっちりつけないと。さあ、あなたのカードを。 青年 ボクのカード。 青年 最後のカードだ。 賭博師 わかった、勝負。

劇団クセックACT 結成30周年記念公演

作 = ガルシア・ロルカ 翻訳・脚色 = 田尻 陽一 構成・演出・舞台美術 = 神宮寺 啓

主人公は時間。そして、時間に絡みつかれた愛と死。 時間の原っぱを彷徨う青年は、フロックコートに着替え、賭博師たちとトランプを始める。そして…!?時刻は夕方の6時だった。

ここしばらく、昨年の「フエンテ・オベフーナ」を始め、スペインの古典演劇を発表し続けてきたクセックACTが、今年は劇団結成30周年を記念してスペインの現代作家ガルシア・ロルカの作品『五年経ったら』を上演いたします。

『五年経ったら』は、1984年にクセックがガルシア・ロルカを取り上げた最初の作品です。その後1995年に再演して好評を博しました。そして、ここ数年、再演するなら”あの『五年経ったら』を上演して欲しい”との声が多く寄せられ、今年、その思いを結実させるべく「30周年記念特別企画」として取り上げることにしました。

今回は、田尻陽一が「この芝居には、今という時間は経過しない。あるのは昨日と明日。ロルカの愛されたい、愛したいという願望(コンプレックス)が作品には渦巻いている」と、熟慮しながら新たに翻訳、脚色を加え、ロルカの詩的な散文に迫ります。さらに構成・演出は日本で最も多くロルカ作品を手がけている神宮寺啓。“垂直に呼吸する動かない時間をさまよう青年の周りには、決して成就しない愛と化け物たちが生息している”と語り、独特の演出的手法を駆使して「神宮寺ワールド」を爆発させます。

キャストは、時間の中を浮遊し、愛に苦悩する青年役に劇団の若手 樋口大介を大抜擢。そして、昨年の『フエンテ・オベフーナ』に参加して“舞台にオーラが迸る”と賞賛された女優、真行寺君枝が東京から再び参加。青年を愛し続けるタイピストの役で、再度“クセックの世界”に挑みます。その他に、名古屋を代表する火田詮子、永野昌也に加え、大西おに、可児良友、平井智子らが舞台を彩ります。

今年も、独自の身体性による“絵画的な舞台”をお楽しみください。

名古屋公演

2010年4月30日(金) 19:30~ / 5月1日(土) 18:00~ / 2日(日) 15:00~ / 3日(月) 15:00~ / 4日(火) 15:00~

愛知県芸術文化劇場小ホール

福井公演

2010年5月14日(金) 19:00~

「響のホール」福井まちなか文化施設

金沢公演

2010年5月21日(金) 19:30~ / 22日(土) 15:00~

金沢市民芸術邑PIT2 ドラマ工房

大阪公演

2010年5月29日(土) 16:00~

関西外国語大学 谷本記念講堂

#ロルカ

Contact us

Copyright | K+S+E+C ACT 2019 company