top of page

クセックACTの意表をつく演技術


神宮寺啓は市立劇場で、あるときは狂人、あるときは正気のドン・キホーテを舞台に乗せる


スペイン ラ・トゥリブナル・デ・シウダッド・レアル紙 2005年7月14日

日本の劇団クセックACTは火曜の夜、セルバンテスの『ドン・キホーテ……その狂気について』を上演したが、世界に知られたこの人物を別の視点で舞台に乗せた。つまり、演出の神宮寺は、巨人に対峙するドン・キホーテではなく、それを遙かに超えた何者かに対峙するドン・キホーテを舞台に乗せたのだ。

『ドン・キホーテ……その狂気について』はアルマグロ国際古典演劇祭において最も期待された舞台のひとつであった。そしてまさに、期待を裏切らなかった。他の芝居とは全く違った舞台となり、同時に演出家によって俳優が舞台上の道具に変えられた奇妙な舞台であった。

ことばの壁については、確かに最初は気になったが、筋の展開にさして困難とはならなかった。演出家はスペインのテクストの本質を抽出し、日本的な表現で舞台化し、観客に西洋とは違った文化を示しただけでなく、新しい演劇の世界に導いてくれた。

こういった劇団の特異性と俳優術は、3年前の『人生は夢』で十分に示されていたが、今回の『ドン・キホーテ……その狂気について』では、すべての筋を動きによって誇張しながら舞台上に展開していく、全く新しい演技術を示した。

表現力豊かな視線、制御された動き、細部にまでこだわった舞台美術とあいまって、俳優たちは市立劇場の隅に至るまで活用し、見事に『ドン・キホーテ』の世界を舞台に実現した。俳優たちの中でドン・キホーテを演じ分けた榊原忠美と吉田憲司のベテランが光っていたが、他の俳優たちも忘れてはならない。