top of page

デカメロン


第一話『エウフェミア』・第二話『寝取られて大満足』

劇団クセックACT結成30周年記念

作/ ジョバンニ・ボッカチオ 翻訳・脚色/ 田尻 陽一 構成・演出・舞台美術/ 神宮寺 啓

■ あらすじ

『エウフェミア』

カラブリアの地にレオナルドとエウフェミアという兄妹がいたが、兄のレオナルドは異国の地で出世しようと思いたち、妹のエウフェミアに別れを告げる。バリアーノという殿様のお屋敷に奉公し、またたくうちに主だった家臣の一人に出世するが、仲間の嫉妬から窮地に陥る。しかし、絶体絶命という時に、エウフェミアの才知により…

『寝取られて大満足』

ボローニャにエガノという裕福な商人がいた。急な商用で夜中に出かけることになったが、留守を忠実な番頭アニキーノに任せて出発した。残された奥さんのベアトリスは、一人寝のわびしさを紛らわすため、アニキーノとチェスをすることになった。アニキーノは自分の友人の話にかこつけてベアトリスに恋を告白する。ちょうどそのとき、主人エガノが…

■ 作家紹介 ■

ロペ・デ・ルエダ(?~1565)はスペイン演劇史において最初の職業演劇人といわれています。1542年には自分の一座を持っていたようです。座長であり、役者であり、台本作者でした。彼が残した4つのコメディアはいずれもイタリアのコンメディア・デラルテの翻案で、たぶん、スペインを巡業していたイタリア人の一座に加わり、芝居の作り方や芸を習ったのだろうと思われます。

アレハンドロ・カソーナ(1903~65)はガルシア・ロルカと同時代の劇作家ですが、スペイン内戦が始まった年にメキシコに逃れ、キューバ、プエルトリコ、ベネズエラ、コロンビア、ペルー、チリを経て1939年からアルゼンチンのブエノスアイレスを演劇活動の地と定め、数多くの名作を書きました。1962年にスペインに戻り、アルゼンチンで書いた旧作を次々と上演して一大ブームを巻き起こしました。1965年7月、持病であった心臓の手術を受けましたが、2ヶ月後に亡くなりました。

■ 作品の経緯 ■

ロペ・デ・ルエダの『エウフェミア』は『デカメロン』の2日目9話が題材となっています。現存しないコンメディア・デラルテの台本を翻案したのであろうと思われます。