top of page

フエンテ・オベフーナ


作 / ロペ・デ・ベガ

訳・脚色 / 田尻陽一

構成・演出・舞台美術 / 神宮寺 啓

愛知県芸術劇場小ホール / 名古屋

響のホール / 福井

関西外国語大学 谷本記念講堂 / 大阪

アルマグロ市立劇場 / 第32回アルマグロ国際古典演劇祭

サン・ペドロ劇場 / 第4回オルメド古典演劇祭

「家族、そして人が結びつくところに正義が生まれ、結びつく力が正義の定義を作り出す。その縮図をこの作品のテーマとして据えてみたい。今回は、敢えて“寓話”として表現したい。」

- 神宮寺 啓

昨年のアルマグロ公演でエミリオ委員長より「来年はロペ・デ・ベガの『フェンテ・オベフーナ』をやってくれ。クセックの作品なら無条件でオーケーだ」との要請を受け、神宮寺啓が新作に挑戦。演出の世界がよりグレードアップ。

さらに東京から資生堂のCM、あの“揺れるまなざし”で一斉を風靡した女優、真行寺 君枝が参加。それを受け名古屋で今、尤も充実した実力を示す 永野 昌也が競演して見事なバトルを繰り広げた。スペインは昨年にも増して拍手の嵐となった。