ラッパチーニの娘



ラッパチーニの娘

作 オクタビオ・パス

翻訳・脚色 田尻 陽一

演出 神宮寺 啓


ラッパチーニの娘 舞台写真集

オクタビオ・パス生誕100周年を記念し、メキシコ大使館から上演依頼を受けた。戯曲は「テアトロ」905号(2015年7月号)に掲載。

観客たちの想像力を刺激し、球体を有毒植物にイメージさせる劇団クセックACT究極の舞台成果を生む。



#オクタビオパス

特集記事