​追悼 火田詮子

劇団に衝撃が走った。

詮子さんが亡くなったと!?

 

福井公演の場当たりの最中に「脳機能停止」が伝わった。それでも、まだ呼吸している。その一縷の望みに、みんな詮子さんの生命力を信じた。そう、間違いなく帰って来ると。

しかし……

クセックと詮子さん!

詮子さんはいつから参加だって?

そんな数字を辿るのももどかしい。

一言で言えば、ずーっとだ!ということになる。それがクセックにとっての詮子さんの存在。福井で祈った詮子さんの生命力。今もまだみんな信じているから戻ってくると思う。メールで「稽古に少し遅れる」のメッセージが届くことを。そして、「あはは、またまたご冗談を……」と笑って応える詮子さんがいる。

 

劇団からの追悼文です。

車椅子に乗って詮子さんが逝く

田尻陽一

名古屋公演の打ち上げでボクの横に座り、ザーサイを肴にノンアルコールビールを飲んでいた詮子さん。たわいもない会話だったが2時間、傍にいた。それが最後だった。

『アラバールからの愛の手紙』もよかったが、詮子さんしかできない舞台といえば『ラ・セレスティーナ』だろう。町中を歩きまわり男女の仲を取り持つセレスティーナが車椅子に乗ったのでは、身体を自由に舞台上で動かせない分、セリフを舞台に立たせ意のままに行き来しないといけない。スペイン公演でも絶賛された。

そういえば『ドン・キホーテ』の語り部もよかったな。『ドニャ・ロシータ』を詮子さんで再演したかった。

Contact us

Copyright | K+S+E+C ACT 2019 company