top of page

ロルカ 〜閉ざされし楽園〜


黒い音色を持つものは、何にだってドゥエンデがある。ドゥエンデは体の中から、足の裏から登ってくるのだ。

ガルシア・ロルカ コラージュ作品 田尻陽一 翻訳・脚色 神宮寺 啓 構成・演出・舞台美術

■ 作品について ■

 フラメンコの世界にドゥエンデというコトバがある。「憑き物」という日本語がもっとも適切かも知れない。しかし、どうしたらドゥエンデが湧いてくるのか。ガルシア・ロルカは自分のインスピレーションをドゥエンデと呼んでいる。だが、ロルカの作品には、ほとばしり出る詩的言語と、社会的に押さえ込まなければならない欲望との葛藤がある。  今回、作品として取り上げた『カタツムリ』は、相反する二重構造を同時に舞台化した実験的な戯曲で、いまだ世界で上演されてはいない。  『血の婚礼』では、新郎を捨て、思いを断ち切れない恋人と逃亡を図る新婦が登場する。待ち構えているのは「死」である。終幕では、息子を殺された新郎の母親と恋人を殺された新婦が対峙する。この二人の女によって紡ぎだされる二人の男の姿が美しい。  そして、すでに恋人が他の女性と結婚したことは知っているのに、恋人が戻ってくる女を一生かけて演じ続ける『ドニャ・ロシータ』。彼女のなかには虚と実が生きている。今回クセックは、こうした構成で独自のロルカ像を炙り出す。

■ 作家紹介 ■

 フェデリコ・ガルシア・ロルカはグラナダの近郊フエンテバケロス 
で、1898年、裕福な大地主の長男として生まれた。民衆的な詩人、劇作家といわれているが、ダリとの交友で知られているように、20歳代はシュールレアリズムの作品を書いている。彼の抑圧された性欲は、現実を超越したシュールな空間でしか、描くことができなかったのだろう。  1936年7月18日、右翼の軍人たちによるクーデターが勃発したとき、8月16日にグラナダで逮捕され、8月19日、ビスナルで銃殺された。38歳、若すぎる生涯だった。

■ 公演スケジュール ■

○「名古屋公演」愛知県芸術劇場小ホール 5月1日火曜日 午後7時30分   2日水曜日 午後7時30分 3日木曜日 午後3時 4日金曜日 午後3時(各開場は開演30分前)