劇団クセックACT 2020 公演

劇団設立40周年記念

女優 火田詮子 追悼

​セビーリャの色事師と石の客人

誰だ?

​一人の男だ。

名前は?

名前などない。

いったい、これは何事だ?

​何事? 男と女のことだ。

Donjuan_01.png
Donjuan_02.png

ティルソ・デ・モリーナ 原作

◇ 翻訳・脚色・脚本

田尻 陽一

 

◇ 構成・演出・舞台美術

神宮寺 啓

430日(木) 19:00 ~

51日(金) 14:00 ~

52日(土) 14:00 ~ アフタートーク

55日(日) 14:00 ~​

 5月2日 終演後 ​アフタートーク

田尻陽一vs神宮寺 啓「ドン・ファンって何者?」

・会場

愛知県芸術劇場小ホール

愛知県芸術文化センターB1​

・料金

前売/一般 3,000円 学生 1,500円​

​当日/一般 3,500円 学生 2,000円

○後援

スペイン大使館 セルバンテス文化センター 愛知県 名古屋市

愛知県教育委員会 名古屋市教育委員会 名古屋スペイン協会

○協力

キョーイクホールディングス(株) 泉不動産 鬼頭印刷(株)

PAPでらしね サポートプラス

◇ キャスト

榊原 忠美
吉田 憲司
玉川 裕士
山田 吉輝
永澤 こうじ
吉川 統貴

安部 火韻
平井 智子
清水 絵里子
加藤 由以子
斉藤 弥生
今枝 千恵子
柴田 真佑

 

◇舞台監督

鈴木 寛史

 

◇ 音響

田中 徹

 

◇ 照明

花植 厚美

  

◇ 衣装

まさきよしこ

◇ 舞台写真

和玖 瞬

 

◇ 舞台記録

ミックスプロ

 

◇制作協力

武田 仁美

■ 上演意図

劇団がスペイン黄金世紀演劇で注目し続けてきたティルソ・デ・モリーナの最高傑作をついに上演する。
ドン・フアンが性に溺れることはない。
多くの女性を抱え込むこともしない。
ドン・フアンが言葉巧みに、時には友人を裏切ってでも女を手に入れることは、裏返してみれば、当時の権力やモラルに立ち向かうことでもあった。
体制に逆らったドン・フアン像を現代に問いかける。

■ 著者と作品紹介

ティルソ・デ・モリーナ( 1579年~1648年)


スペイン黄金世紀演劇を代表する一人。
1600年にはメルセド修道会に入ったが、戯曲にも手を染め、ロペ・デ・ベガ流の、しかし心理描写に長けた名作を300篇ほど遺している。戯曲として『不信心ゆえに地獄堕ち』『緑色のズボンをはいたドン・ヒル』などがある。
『セビーリャの色事師と石の客人』は、モリエールの『ドン・ジュアン』、モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』など、ドン・フアンものの最初の作品である。
スペイン国内にあっては後世アントニオ・デ・サモラ(1676~1750)やホセ・ソリーリャ(1817~93)によって書き継がれた。
その他、バイロン、バーナード・ショーらもドン・フアンを主人公に名作を残している。まさに世界演劇史において注目すべき作品である。

■ あらすじ

神の審判を恐れず、道徳・権威をも顧みず、女性を征服することのみに命をかける一世の反逆児ドン・フアン。
そのドン・フアンに魅せられ、誑かされる多くの美しい女性たち。不敬にもドン・フアンは自ら殺してしまった死者を嘲笑して食事に招待する。

Contact us

Copyright | K+S+E+C ACT 2019 company