top of page

ロマンス・愛と死 ―オルメドの騎士―


ロペ・デ・ベガ 作 田尻 陽一 翻訳・脚色 神宮寺 啓 構成・演出・舞台美術

■ あらすじ ■

オルメドの騎士ドン・アロンソは祭りでイネスを見て一目惚れする。恋の成就を老女ファビアに託す。ところが、イネスに恋心を持つロドリーゴという恋敵がいた。祭りの呼び物の闘牛で、落馬したロドリーゴをアロンソが助ける。ロドリーゴは屈辱から恨み、挙げ句の果てに復讐を誓う。その晩、故郷オルメドに向かうアロンソに死の影が幻のようにつきまとい、無惨にも殺される運命となる・・・!?

○名古屋公演 5月1日(水)19:30 5月2日(木)19:30 5月3日(金)15:00 5月4日(土)15:00

愛知県芸術劇場小ホール 愛知県芸術文化センターB1 名古屋市東区東桜 1-13-2 Tel 052-971-551111

○福井公演 5月10日(金)19:00

「響のホール」福井まちなか文化施設 福井市中央 1-4-13 Tel 0776-30-6677


■ 作家紹介 ■

スペイン黄金世紀の演劇を確立させたロペ・デ・ベガ(1562〜1635)は生涯に2000近い戯曲を書いたと言われているが、現存するのは400編ほど。多作家であるがゆえに、すべてが傑作とは言えない。いまでもスペインでよく上演される作品は『フエンテオベフーナ』『間抜けなお嬢さん』『ペリバニェスとオカーニャの太守』『復讐なき懲罰』『菜園の犬または意地の悪い女』、そしてこの『オルメドの騎士』である。スペイン人気質ともいえる「名誉」や「対面」が主なテーマになっている。