top of page

動く絵画

劇団クセックACT

劇団クセックACT 2024 公演

【劇団設立45周年記念】

donjuan_logo.png

ドン・フアン

~セビーリャの色事師と石の客人~

誰だ?

​一人の男だ。

名前は?

名前などない。

いったい、これは何事だ?

​何事? 男と女のことだ。

◇ 原作

ティルソ・デ・モリーナ

◇ 翻訳・脚色・脚本

田尻 陽一

◇ 構成・演出・舞台美術

神宮寺 啓

予約完了メールが迷惑メールと認識されることがあります。予約完了メールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダもご確認ください。

donjuan_flier_A.png

517(金) 19:00

518日(土) 15:00 ★ 満席御礼

519(日) 11:00 ★ / 15:00

 ★ 5月18日、19日11時 終演後 ​アフタートーク

  田尻陽一vs神宮寺 啓「ドン・フアンって何者?」

・会場

愛知県芸術劇場小ホール

愛知県芸術文化センターB1​

・料金

前売/一般 3,000円 学生 2,000円​

​当日/一般 4,000円 学生 3,000円

(中高生含む)

○後援

 スペイン大使館 セルバンテス文化センター 愛知県 名古屋市

 愛知県教育委員会 名古屋市教育委員会 名古屋スペイン協会

○協力

 啓光社ホールディングス株式会社 PAPでらしね

 サポートプラス 鬼頭印刷(株)

5/18(土)15時公演について

518日(土)15時の公演は、完売いたしました。

 

また、5月18日(土)15時の公演は“当日清算券”をお待ちで、“日時予約の無い”方は、開演10分前からの受付となります。ご了承ください。

また、チケットをご購入、事前予約をいただいた方も、開演直前にお越しの場合はご入場いただけない可能性があります。

少しでもお待ちの時間も楽しんでいただけるよう、ロビーでは過去の上演作品のパネル展示も行います。

勝手を申しますが、​お早めのご来場にご協力のほど、お願い申しあげます。

アフタートーク 追加決定!.png

“おギャァと生まれて設立45年!” 劇団クセックACT、今年の公演はコロナパンデミックで延期・延期となっていた新作『ドン・フアン〜セビーリャの色事師と石の客人〜』を上演します。

この作品で、作家のティルソ・デ・モリーナ(17世紀の聖職者)は、女たらしとして巷で有名なドン・フアン(これがドン・フアン第一号)を主人公にしています。

 

実はこの「ドン・フアン」。2019年ノーベル文学賞作家ペーター・ハントケも『ドン・フアン(本人が語る)』という、所謂「ドン・フアン物語」を上梓しています。また、万年ノーベル文学賞候補作家!?の村上春樹も『騎士団長殺し』で「ドン・ジョバンニ(ドン・フアンのイタリア語読み)」を描いています。因みに騎士団長とは、ドン・フアンが殺した「石の客人」なんです。 

神宮寺啓は、演出するにあたって、

「舞台をドン・フアンの妄想とすれば演劇が成立すると思う。ドン・フアンに享楽と禁欲、そして秩序と反逆という夫々二律背反する要素を見出し、背反する面白さを背負わせる。果たして、観客にとってドン・フアンが誰だったのか? 何だったのか? これらが、役者を通して愚かな人間の小ささ、哀れさとして垣間見えてくればいいかなと期待している」と、コロナで中止せざるを得なかった忸怩たる思いの中で、新たにこの作品への手応えを語ってます。

一方、翻訳・脚本を担当した田尻陽一は、

「バロック特有の明暗・静動・対立した文体として翻訳したつもり。モリエールの「ドン・ジュアン(ドン・フアンのフランス語読み)」は、主人公を社会人として結婚させたことが失敗! しかし、僕はドン・フアンを原作のように神に罰せられる“悪い男”ではなく、神をも恐れない英雄として脚本化した」と、自ら選んだ作品に意気軒昂! 作品への思いを強くしています。

舞台上には11人の役者たち。“妄想、迷走するドン・フアン”を盛り立てることは必至。

総じてクセック特有のシュールな舞台が、皆さんをお待ちすることになるでしょう!!

ただ残念なことは、女優歴50年を前にして2019年5月に夭折した女優 火田詮子さんと舞台に立てないことです。そんな思いも込めて今回のプロローグは、その敬愛する“火田詮子へ捧げるオマージュ”として作り上げようと思っています。スペイン公演も決定してボルテージ最高潮です!

ぜひ劇団クセックACTの舞台にお越しいただけたら幸いに存じます。今年こそ、劇場でお待ちします。

2024年 春 劇団クセックACT制作部

✦誰もが知っている!?「ドン・フアン」その原点となる戯曲✦

4年ぶり? 5年ぶり? どちらにしても劇団最高の舞台を見せます!

予約完了メールが迷惑メールと認識されることがあります。予約完了メールが届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダもご確認ください。

Painting / Kain Abe

舞台映像・写真集

KSEC ACT COMPANY Promotion Movie
02:59
エロイヒムの声 1987.11 七ツ寺共同スタジオ
01:20:15
劇団クセックACT「ドン・キホーテ …その狂気について…」 2017年 名古屋公演
01:40:19

劇団クセックACT「ドン・キホーテ …その狂気について…」 2017年 名古屋公演

クセックの作品の中でも人気の高い「ドン・キホーテ …その狂気について…」をお届けします。 戸板を積み重ねた舞台、宙づりの自転車など、大がかりな舞台装置も見所です。 ● 作品について 17世紀、「ドン・キホーテ」が出版されたとき、人々は主人公の荒唐無稽な行動に腹を抱えて笑いました。18世紀、啓蒙主義者たちは、主人公の虚しい冒険にスペインの凋落を現実として見て取りました。19世紀、理想を夢見るロマン主義者たちは挫折を繰り返す主人公に涙を流しました。20世紀は、まだ主人公の姿に個人を超えた永遠の真理への渇望を見出すことが出来ました。しかし、社会主義の崩壊により政治的な理想を失い、核の脅威により明るい未来を失った私たちは、無謀にも理想に立ち向かうことが狂気ではなく、現実社会に生きること自体が狂気になってしまったのです。では、21世紀を生きる私たちは一体、このドン・キホーテに何を見出せばいいのでしょうか。 2001年「第一回愛知県芸術劇場演劇フェスティバル」で初演。2005年「2005年愛知万博スペインパビリオン」の主催で再演。同年7月にはスペイン「アルマグロ国際古典演劇祭」招待公演。再演を望む声に「セルバンテス没後400周年」を記念して11年ぶりの再演をいたします。なお、今年から4年間を「セルバンテス没後400周年記念」と位置づけてセルバンテスの作品を順次舞台に載せていきます。 ● 作者について ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ Miguel de Cervantes Saavedra 1547年9月29日 - 1616年4月23日 ​ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ(1547年~1616年)は、小説「ドン・キホーテ」の著者としてしられているスペインの作家。スペイン語における世界的な文学者のひとりであり、同時代や後世の作家に多大な影響を与えました。例えば、ハイネやツルゲーネフ、ドストエフスキーなど数え上げればきりがありません。 劇団クセッ